各メーカーの太陽光発電を比較する!

トップページ ⇒ 各メーカーの太陽光発電を比較する!

各メーカーの太陽光発電を比較する!

いくつも存在する太陽光発電システムのメーカーは、それぞれ異なる特徴の製品を取り扱っています。導入を検討する際には、失敗をしないように各メーカーの比較をしておくとよいでしょう。メーカーを比較検討するときには、各社のカタログをチェックする方法が便利です。

 

カタログでチェックしたい項目は、太陽光発電システムの「価格」「変換効率」「形状」「保証」です。価格については、太陽電池モジュール1Wにつきいくらなのかを比較してみてください。選ぶポイントとしては、低価格に設定されていること。そのほうが、取り付けるための費用が安く済みます。

 

変換効率は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変える性能です。変換効率が優れているか否か、つまり高いか低いかによって、小さな面積で太陽電池を取り付けられるかどうかが決まります。形状については、自宅の屋根に太陽電池モジュールの形状がマッチしているか否かを見極めるポイントです。

 

例えば寄せ棟の場合なら、モジュールの形状を三角形や台形にすれば多くの出力を確保することができ、おまけに見た目的にも美しくなります。保証については、充実度が肝心です。これを軽視してしまうと、何かトラブルがあったときに損失を被ることになってしまいます。なるべくなら直接問い合わせをすることで、具体的な保証の内容を確認しておきましょう。

 

以上が、各メーカーの太陽光発電システムについて、比較検討するポイントです。

 

太陽光発電導入に必要なプラン設計

 

太陽光発電の導入を検討している人が仕組みを知っておくといいワケは、取り付けを業者に依頼する前にプラン設計をしておくと失敗を防げるからです。太陽光発電に関する知識を身に付けていれば、業者とのやりとりをスムーズに進めることができるでしょう。

 

太陽光発電システムの設置業者や太陽電池メーカーのウェブサイトで情報を得たり、展示会やイベントに足を運んだりするのも方法です。各メーカーの商品カタログを検討しておくと、それぞれの特徴をおおまかにつかんでおくことができます。

 

自宅の屋根の特徴を把握しておくことも、大切です。発電量に直接関係してくるのは、屋根の形状や面積、方位や傾斜など。周囲に樹木や高層建築物などの太陽の光を妨げるようなものが存在しないかどうかも、重要です。自宅の設計図面があるなら、準備しておくと役立ちます。

 

暮らしている地域で、どのくらい日射量があるかを確認しておくことも必須です。太陽光発電を導入することでどのくらい発電量を見込めるのか、どのくらい電気代を削減できるのか、シミュレーションを行ってみましょう。

 

初期費用は高額な太陽光発電の取り付けですが、その負担を軽減するために何か支援策がないかどうかを調べておくのもよいでしょう。

 

国の補助制度をはじめ、地方自治体の助成や融資、住宅金融支援機構の融資、販売会社やメーカーのローンなど、さまざまな選択肢が見つかってきます。それぞれの条件や詳しい内容をチェックして、利用できることなら積極的に利用するのが得策です。