悪質外壁塗装業者の見分け方

トップページ ⇒ 悪質外壁塗装業者の見分け方

悪質外壁塗装業者の見分け方

外壁塗装業者というと、何度もしつこく電話をかけてきたり家にやってきて契約を迫ってくる、また契約を結んでも雑な仕事をしているうえに高額な費用を請求してくる悪質外壁塗装業者も少なくありません。

 

外壁というのは、外から丸見えですから、外壁の状態が悪くなっているから外壁の塗り直しをするべきだと上手に誘導されてしまう人は多いのです。

 

また、外壁に対しての知識は全く持ち合わせていない人のほうが多いはずです。ですから、うまいように契約をさせられてしまい、結果として大金を支払う羽目になったり、出来の悪い外壁塗装をされてしまうわけです。

 

外壁というのは、年数を重ねるごとに劣化をしていきますから、いずれは塗り直しをしなくてはならないため、セールストークに負けてしまって、これを機に外壁塗装をしようと考える人も少なくありません。

 

ちゃんと外壁塗装を丁寧にしてくれる業者であれば問題ないのですが、ずさんな塗装をして、すぐに劣化をしてしまいひび割れを起こしてしまうような悪質業者は少なくないのです。

 

外壁塗装というのは、すぐにひびが割れたりしないようにするためにも、重ね塗りをしなくてはならないのですが、一回塗装をしただけで終了させ、料金は重ね塗りをよりも上乗せをして請求をしてくる業者もあるのです。一回塗っただけでは、何年かしたら、もう外壁の塗装がボロボロになってしまいます。また、その頃になったら、施行をした業者が訪問をしてくるわけです。

 

また、薄めた塗料を使って、外壁を塗ってくるような業者もあります。これは依頼人には分からないですから、普通に塗った場合と同じ料金を請求してくるのです。これも、すぐに外壁が劣化をしてしまい、数年ほどで塗り替えをしなくてはなりません。

 

外壁の塗り替えをするときには、強引に契約を結んでくるような業者には依頼をしない事、そして、評判が良くて経営年数が長い業者なのかを調べるようにしてから、契約を結んでください。