ドア修理のよくある事例

トップページ ⇒ ドア修理のよくある事例

ドア修理のよくある事例

ドアは毎日開け閉めしめするため、玄関室内問わず、とても破損の機会が多いものです。キズや凹み、さらに穴は見栄えの悪さだけでなく、もうひとつ大きな問題があります。

 

それが、賃貸住宅にお住まいの人の「原状回復」です。一人暮らしで子供もいないから大丈夫だと思っていても、転倒など予期せぬトラブルでドアに凹みや穴が生じることがあります。ここで、身近なドア修理の事例をいくつかご紹介します。

 

室内のドアでよくある事例が、引っ越しや搬入の際に荷物をうっかりドアにぶつけてしまったり、自分がぶつかってしまうケースです。賃貸物件では強度が比較的低い簡易的なドアを取り付けていることも少なくないため、想像より簡単にドアが凹んでしまいます。

 

わずかな凹みとはいえ、契約終了後退出するときには修理代を請求されたり、敷金から差し引かれたることになりますのでご注意ください。

 

修理するときは、凹みの回復だけでなく、塗装が落ちた箇所も塗り直したり、木目の修復まで行います。
また、最近増えている「ペット可」の部屋では、ペットが木製ドアで爪を砥いだりしてボロボロにしてしまうこともあります。

 

このように、凹みだけなくドアのキズや下部の欠損も、原状回復が求められるため、プロの業者に依頼し元のドアに直してもらいます。

 

玄関は木製ドアではくても、キズや凹みが生じることが多々あります。酔って帰宅した際に、強くぶつかってしまったり、引っ越しの際に大きな荷物がぶつかったことが原因として考えられます。

 

賃貸物件にお住まいの場合は、大家さんや管理会社に連絡する前に、自分で修理業者に依頼すると安くて早く済み、原状回復における返金トラブルも回避できる場合が多いようです。いずれの場合も、様々なドアや破損状況に対応してくれる、多くの修理実績を持つ業者がいますので、まずは安心して相談してみて下さい。