遺伝子の話

トップページ ⇒ 遺伝子の話

遺伝子の話

人間の体の中には、細胞が約60兆個存在しているのだそうです。この細胞というのはたんぱく質で作られており、生命活動をするために欠かすことができません。

 

この細胞というのは、核が存在しており、その核の中には染色体が46本存在しています。染色体というのは、DNAと言われている遺伝子が存在しており、この遺伝子情報によって細胞が生成されています。シトシン、アデニン、グアニン、チミンという塩基によってDNAは構成されており、組み合わせによって、3万種類ほどの細胞が作り出されているのです。つまりDNAというのは、細胞を作り出すための設計図と言えるのかもしれません。

 

ちなみに、DNA=遺伝子と思っている人もいるかもしれませんが、正しくは核酸が遺伝子となっています。
ですので、DNAだけではなく、RNAも遺伝子に分類されることになります。

 

つまりDNAだけでは細胞を生成することができません。DNAが塩基の配列に従って、細胞の生成を命令し、RNAがたんぱく質を使って細胞を作り出しているのです。

 

DNAが持っている遺伝子情報を見て、必要になっている細胞のみを作り出すことができるようになっており、DNAとRNAはワンセットと考えることができます。

 

この核酸というのは、リボ核酸という種類とデオキシリボ核酸という種類によって成立しています。この二つの種類の核酸のどちらも必要になっているのです。

 

2つの種類の核酸によって、細胞の形や生成する細胞の個数、どのような役割を果たすのかを決定しているのです。

 

遺伝子というのは、1つの単位でみるととても小さいのですが、遺伝子を並べると、なんと3000qもの長さになるのです。この全ての遺伝情報が明らかになっているのではなく、まだ研究段階の部分もたくさんあるのです。