DNAの役割

トップページ ⇒ DNAの役割

DNAの役割

細胞の核の中にあるのが核酸の一つであるDNAとなっています。

 

DNAには遺伝子情報が存在しており、エネルギーを作り出したり、細胞の分裂を司っています。このDNAというのは、シトシン、リン酸、グアニン、チミンの塩基によって構成されています。

 

食事で核酸を摂取して再合成される場合と、肝臓によって合成される場合があるのですが、肝臓で合成されるDNAというのは、年齢を重ねると合成量が減っていきます。これによって、細胞が作り出されにくくなってしまったり、異常がみられる細胞が作り出されてしまったりするのです。

 

人間だけに限らず、生物というのは、細胞を分裂、成長させることによって、成長をしていくことができています。細胞分裂をする際に、自分のコピーを作り出して、新しい細胞に組み込んでいきます。ですが、DNAが傷ついてしまっていたり異常がある場合、正確にコピーをすることができずにがん細胞などを作り出してしまうこともあるのです。

 

人間の体の中には多くのたんぱく質が存在しているのですが、DNAが命令を出していることで、このたんぱく質が作り出されているのです。人間の体の中には無数の細胞があり、役割も異なっています。この細胞というのは、20種類ものアミノ酸を使って合成されているのです。

 

アミノ酸をどのように組み合わせるのかによって、作られた細胞の役割は異なります。このアミノ酸の組み合わせをどのようにするかを決定しているのが、DNAなのです。

 

どの細胞にもDNAは存在しているのですが、環境ホルモンや紫外線を浴びるなどをすると、DNAが傷ついてしまって、正常な細胞を作るのが難しくなってしまいます。